10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

注目!2016宝塚記念予想 

おはようございます。

春のGⅠ戦も今週で閉幕となります。
本日行われる宝塚記念には春のグランプリレースに相応しい顔ぶれが揃いました。
大きな怪我の克服し復活して来たドゥラメンテが人気を集めていますが、一年前の皐月賞そしてダービーでは圧倒的な豪脚に完膚無きまで叩きのめされた同世代達も心身ともに大きく成長し、そして結果を残してきた。
さらには昨年の宝塚記念・天皇賞秋を制し、古馬中距離を牽引してきたラブリーデイなど王者抗争は新しい方向に進みそうな予感もする。
秋には超強力な3歳世代が挑戦してくる。
それを迎え撃つ古馬勢の順列はという視点からも楽しみな1戦。

本日は宝塚記念1本で予想します。


阪神11R 宝塚記念 GⅠ
428062601.png

本命はキタサンブラック。
昨春のクラシックではペース配分や粘り腰は秀でた所はありながらまだセンスだけの馬という印象だったが、秋を迎える頃には体つきからも大きく変わってきていた。その後の菊花賞で春には敵わなかったリアルスティールを倒し、厳しい消耗ペースになった天皇賞春も制した。脚質から常に的にされ、早い時点から潰しに掛かられるのだが、この馬を潰すのは簡単ではない。逆に早仕掛けで潰しに来た馬の殆どは自分が潰れてしまう。スタミナは十分。今回のメンバーならすんなりハナだと思うが自在の脚質だし楽に先頭集団に行けるだろう。加えて武豊のペース配分能力、馬場の悪化、内回りコース…
キタサンブラックを後押しするような要素が多いと思うが、どうしてか1番人気にならないというのも良い。

対抗はアンビシャス。
もともと期待馬だが、昨秋は天皇賞を最後に休養し、その効果か今年に入って馬がグングン逞しくなっている感じがする。
切れ味も鋭さ・安定感を増し、大阪杯では並みいるGⅠ馬を全て差し切った。少し差があった同世代のトップと遂に肩を並べるところまで来た。とはいえ、まだまだ成長途中の印象だし本当の本格化は秋を迎える頃かもしれない。今、一番の成長株がここできっかけを掴めば秋には台頭するポテンシャルは十分ある。宝塚記念はそういう馬の舞台でもある。

ドゥラメンテは4番手。
昨年の皐月賞&ダービーはとんでもない馬が現れたという印象を多くの競馬ファンが受けたことだろう。そして復活劇にも王者としての風格を見た感じがした。もちろん現時点でもその思いはある。今日の走りは楽しみでもあるし、この馬が勝って凱旋門賞という図式はかなり盛り上がるだろう。ただ、復帰後のレースぶりからは昨年の圧倒的な印象は受けず、むしろ差が詰まっているような印象も受ける。このレースで見極めたい。


GCからは天気良い感じですね。
良馬場で素晴らしい頂上決戦が見れるといいですね。

それでは皆さんにとって素晴らしい1日になることを願っています。
また見に来てくださいね。

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  2016  宝塚記念 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenotikaisei.goegoro.net/tb.php/372-0957760d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)