03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

2016_2月7日競馬予想 

おはようございます。

今日は早速予想から。
WIN5対象レースを予想しています。

20160207_予想

東京新聞杯はダノンプラチナとダッシングブレイズが人気拮抗していますが、
大舞台での信頼度からもダノンプラチナを本命視する。
今になれば相手にも恵まれた感じはあるものの、朝日杯FSで突き抜けた脚は、古馬マイルでも間違いなく勝負になる器と感じた。
昨年春は調子を落とした感じはあったが、秋の富士Sで強さを再確認できたし、前走の香港でも十分な存在感を示していた。今春はモーリスの対抗馬としてマイル前線を盛り上げて欲しい期待馬。

ダッシングブレイズはデビュー前から注目されていた。新馬戦では評判に違わぬ豪脚で後にダートの新生と言われたゴールデンバローズを軽く一蹴。その後も期待度は高く、常に人気を集めていた。昨年の夏を越してようやく馬に身が入ったようで、安定して本来の実力を出せるようになってきたし、ペース問わずに末脚のギアが1段階上がったように感じる。鞍上との相性も良く、ここが試金石。

3、4番手としては京都金杯組から穴馬をチョイスする。といっても前走もそれほど大負けしたわけでもない。
▲エキストラエンド。最速の上りで最後方から迫るも届かなかったが、目を引く伸び脚で届くかもと思わせる勢い。岩田騎手を迎えて多少強引でも勝ちを意識する乗り方をしているのでは?ないのかな…

4番手には京都金杯で波乱を演出したテイエムタイホー。血統的にも馬名的にも、派手な勝ちがあるわけでもなく、あまり人気になるタイプではないが、自分の型に持ち込んだ時の渋とさ一級品と思っている。今回も人気馬が後ろ目から差す競馬になれば、先行力と渋とさで残る可能性は十分ある。


京都メインきさらぎ賞
◎サトノダイヤモンド デビューからの2戦とも全く次元の違う末脚での快勝。
デビュー戦ではロイカバードと対戦しているが、同じような位置から一瞬早く抜け出しながら、最後は突き離してみせた。
末脚自慢の面白いメンバーが揃ったが、馬力+騎手力で断然人気も頷ける。


東北ですが、久しぶりに気持ちの良い日差しなんですが、雪も舞っているという天気です
寒いし…あの暖冬はどこ行っちゃったんでしょうかね。

そういえば、今日は注目していた新馬戦があります。
京都6R 芝1600mですが、昨年注目を集めたリアファル、マリアライト、クリソライトの兄弟馬アルマンディンがデビューします。
父ステイゴールドは初めてですが、前述の3頭とも父が違うなかそれぞれのステージで結果を残しているし問題ないでしょう。新生誕生なるかかなり期待しています。
で、このレースを見渡すとかなりの血統馬が揃っていて、後々伝説の新馬なんてことも有るかもしれないですね。無いかも知れませんが…



それでは、皆さんにとって最高の1日になることを願っています。
また見に来てくださいね


Category: 競馬予想

Tag: 競馬  3連単  3連複  指数  結果  予想 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenotikaisei.goegoro.net/tb.php/341-2b8a46a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)