09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

注目!2015天皇賞_GⅠ 

おはようございます。

今年も秋天は難しいですねえ。
この馬と心中みたいな絶対的な馬がいないし、
少しの展開の紛れでどの馬が勝ってもおかしくない面子。

11月1日_予想

本命はラブリーデイ。
正直、地味なイメージで秋天の華々しい舞台で?という個人的イメージはあります。
とはいえ、冷静に見れば、今年に入ってのパフォーマンスはこの面子でも群を抜いている。
敗れた2戦は阪神大賞典と天皇賞春で敗因がハッキリしているし、
前走を見ながら、さらに一皮剥けたように感じた。
加えて、距離延長に不安が残る本馬だけに、陣営はここがメイチ勝負。
本番を迎えての騎手変更やこれまでの対戦相手にやや疑問など、
多少の不安材料はあるが大崩れは考え難い。

対抗はエイシンヒカリ。
この馬が走るたびに注目してきたが、ついにGⅠまで昇ってきた。
他所の記事などを見ると秋天や騎手と相まって、やっぱりあの快速逃げ馬を思い出します。
逃げて勝つには難しい舞台ですが、この馬の信条は逃げ。これまでの強いレース同様、正攻法で力を出して欲しいですね。
それに、芦毛の王者が引退する時には、よく強い芦毛が台頭してきます。
素晴らしい個性をもった馬だし、対抗ではありますが大いに期待しています。
まずは、怪我のないように走って来て欲しいですね。

他ではイスラボニータも注目したい。
前走の毎日王冠では近走の成績や休み明けもあってか、随分と人気を下げた。
それでも走ってみれば、やっぱりこの馬は走るということを再認識させられた結果となった。
単純に考えれば、ジェンティルドンナと好勝負するくらいの実力があって、
復調すれば、このメンバー中なら格上ともいえる。

能力指数圏外から、毎日王冠組で気になるのがヴァンセンヌ。
単に気になるだけだが…
毎日王冠がいつもと違う戦い方をしたのが気になる…
力んでいたように感じたし、騎手もやや持っていかれ気味だった。
前走からコンビを組んだ横典騎手。2戦目でガラッと変わる怖さはある。


秋天も思い出深いレースがいっぱいあって、
今年も好いメンバーで素晴らしい攻防が見れると良いですね。

それでは、皆さんにとって最高の1日になることを願っています。
また見に来てくださいね










Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  天皇賞秋 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenotikaisei.goegoro.net/tb.php/318-2eedabe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)