11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

注目!菊花賞予想 

皆さん、こんばんは


今週末は京都競馬場で牡馬三冠最終戦の菊花賞が行われますね。 

"菊花賞は強い馬が勝つという"格言があります。
まだ出走馬の中には子供っぽさが見える春のクラシックは、その中でも身体や心が大人びた馬こそが強さを発揮する舞台。
3歳夏の成長時期を経て、心身共に大人になったこの時期の3歳馬は、もう古馬と対峙しても遜色ない風格を兼ね備えるようになっている。

子供の頃から足の速かったやつ。
体の成長とともに徐々に動きが良くなって追いついてきたやつ。
心の成長とともに落ち着きが出てきたり、テンパったり物怖じしたりすることが無くなったことで力を発揮できる様になってくるやつ。
馬も人間と同じですね

個人的にも菊花賞馬は、様々な成長過程の末に菊花賞に駒を進めてきた3歳の精鋭がスタミナとスピード、そして精神力をぶつけ合う頂上決戦の頂点だと思っていて、子供の頃から速かったのは怪物級ですが、ここまでの過程がゆっくり自分のペースで成長して追いついてくる成長の馬ほど古馬になっても大成する可能性が高いんじゃなんて勝手に思っています


さて…
ちょっと前置きが長くなったので…

10月26日_予想

日曜日はWIN5対象レースと、期待の良血馬カシシとアッシュゴールドが登場する東京1R、京都3Rの7鞍をUPします。


注目の菊花賞ですが、本命はワンアンドオンリー。皐月賞前はラジオNIKKEI杯2歳S馬でありながら、安定感が今一つで人気も出ないタイプの馬でした。しかし弥生賞で、破竹の連勝中だったトゥザワールドを追い詰めた末脚は、勝負には負けたが、強さをアピールするには十分な鬼脚。皐月賞では4着と目立たない感じではあるが、最後方からの凄い伸び方をしている。ただし、皐月賞時点で、ワンアンドオンリーの最後方待機策ではイスラボニータを逆転するイメージは湧かなかったのだが…
日本ダービーはスタートも良かったが、それよりも驚いたのは、ぶっつけ本番でイスラボニータと同じ競馬をやって、堂々と皐月賞馬を退けた内容にある。追いこみ一辺倒なら大成しないとハープスターでも書いたが、ワンアンドオンリーは一介の追い込み馬ではない。ペースやコースの有利不利によっては何処からでも対応できる器用さがあると認識した。加えて、前哨戦の神戸新聞杯で見せた早めのマクリから早めの先頭。大体は凄い勢いで外から来たサウンズオブアース、トーホウジャッカルに抜かれるパターン。一旦はサウンズオブアースに抜かれたように見えるが、そこから出した二の脚と勝負根性は体も心も、菊花賞を迎えて本物に近づいているような感じ。ゆっくりと成熟して菊花賞で花開き、古馬になってからも大成するような過去の名馬に近い気がする。


対抗はトゥザワールド。セントライト記念の回顧ではイスラボニータと皐月賞で感じた差は縮まっていないと書いたが否定はしない。ダービーはトゥザワールドのベストでは無い乗り方をしているなかで、さすがの安定感。内容は度外視しているが高い評価は付けても良いのでは。
目標とされ厳しい競馬をしているのはワンアンドオンリーよりもトゥザワールドだろう。それでもイスラボニータにしか差されていないのだからこの馬も強いのは間違いない。ワンアンドオンリーとの◎〇の差は世代で一番強いと思っているイスラボニータとに勝っているかどうかと前哨戦の菊花賞成績だけのこと。逆転目も十分ある対抗。


指数3位となったのはタガノグランパ。ちょっと驚いたが何となく納得してしまった。シンザン記念ではミッキーアイルとウインフルブルームの一騎打ちを猛然と追い込み3着。アーリントンCではミッキーアイルの2着と安定している。その後、ファルコンSを制したこと、果敢に挑戦した皐月賞を惨敗したことで短距離~マイルの馬と思われていたが、ダービーではワンアンドオンリーと同じような位置から4着。前走のセントライト記念ではイスラボニータよりも早い上がりでトゥザワールドに迫る3着を確保。土曜日に富士Sを勝ったステファノスを退けたのだから価値はある。大敗した2戦、ラジオNIKKEI杯2歳Sと皐月賞を振り返ってみれば、ラジオNIKKEI杯はゲートのタイミングで出遅れ、皐月賞ではスタート直後に外から寄られて挟まれている。ともに脚質に合わない競馬となったレースだ。いつも通りの競馬をするだけで大穴になりうる力はある。


炎の十番勝負!~2014・秋~では菊花賞の指名馬としたトーホウジャッカル。指数上では6位だった…
先週のタガノエトワールとカブるし…前走の内容は不利なければ突き抜けた手応えに感じられ、同じように繰り上げて上位にとも考えたが、未勝利1戦とローズSの内容だけで指数を跳ね上げたタガノに対し、500万、1000万を走っての前哨戦だったトーホウジャッカル。同じように人気にもなっているが今回は様子見。抑えまでとした。吉と出るか凶と出るか…


どんな菊花賞になるか、どの馬が最後の1冠を手にするのか。
楽しみですねー^^


それでは、皆さんにとって最高の菊花賞であることを願っています。

また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  菊花賞 
tb 0 : cm 4   

コメント

菊花賞

いろんな穴馬に惑わされていましたが、記事を読んで吹っ切れました!

上位はgoegoroさんとかぶっていたので自信もって行きます!

サトタケ #- | URL | 2014/10/26 08:59 [edit]

菊花賞

goさん、残念だったね。
落ち込んでるのが目に浮かびます。

でも、スプリンターズ前にジャッカルを見抜けるのはすごい!
気持ち切り替えて、来週からもよろしく頼むよー

zz1231 #- | URL | 2014/10/26 16:46 [edit]

Re: 菊花賞

サトタケさん

菊花賞どうでしたか?
文面からは良い感じではなかったようですが…

勝ったトーホウジャッカルには脱帽ですが、春の有力馬がちょっとね…
まだまだG1は続きます。切り替えて頑張りましょう!

goegoro #JalddpaA | URL | 2014/10/29 23:35 [edit]

Re: 菊花賞

ZZさん

ジャッカル強かったですね。
凹み慣れしているので、すぐに凸りますから^^

今週こそは、札束ベッドに札束風呂です!

goegoro #JalddpaA | URL | 2014/10/29 23:42 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenotikaisei.goegoro.net/tb.php/213-a4e3aa94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)