10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

注目!東西で最後の1冠を懸けたトライアル 

皆さん、こんばんは

タイトルのとおり、3歳牡馬、牝馬とも最後の1冠を懸けた前哨戦が明日行われますね。
まずは、明日の予想からどうぞ。

9月21日_予想


セントライト記念にはダービーの2~6着が参戦して、本番さながらのメンバーに俄然注目が集まります。なかでも注目はイスラボニータ。思いっきりワンアンドオンリーの目標にされた前走でも最後まで喰らいつき、他馬には力差をつけた格好のダービー。多くを語らずとも牡馬路線では安定感抜群だし、これまでのレースぶりはほぼパーフェクトと言えるだろう。夏の成長を加味しても、大混戦と言われた春の3歳牡馬クラシックで1番力を見せつけたイスラボニータを脅かす存在はいないと思える。今後の目標は分からないが、まずはこのレースでの快勝を期待したい。

対抗はトゥザワールド。後ろ目から行ったダービーは5着に敗れたが、当時の府中は先行して内伸びする馬場。位置取りが悪かった割に良く追い込んできた方だと思う。皐月賞もイスラボニータには完敗したが、内容とすれば強い横綱相撲。弥生賞までのレースぶりも、肉薄されたのは後のダービー馬だけと、イスラに次ぐ完璧な成績。イスラボニータ以外の馬と、春の力差が逆転しているとも考え難い。ただ、皐月賞ではイスラボニータに力負けした感じは否めず2番手まで。

イスラボニータ1強。上手い立ち回り次第でトゥザワールドにもチャンスありと予想するが、2頭の一叩き色の強さ次第では、"権利を取るべく本気仕上げ"してきた馬に脚元をすくわれる可能性が無いともいえない。その1番手としてステファノス。皐月賞5着と力があるところを見せるがダービーの権利は取れなかった。それでもダービー前日の白百合Sでは馬群のど真ん中を鋭く伸びての勝利。勝てるレースはしっかり手中にするあたりに成長を感じる。好調な三浦騎手との新コンビも新味ありそうで注目しておきたい。

最後にマイネルフロスト。逆転までは厳しいかもしれないが、持っているポテンシャルは上位勢にも劣らないと思っている。デビューから2連勝した時点ではクラシック候補に挙げられていたが、札幌2歳で大敗すると人気は急降下。毎日杯を勝ってもダービーを3着しても、負けたとしても僅差なのだが、あまり人気の出ないタイプになったようだ。美味しいかもしれない…


ローズSも楽しみなメンバーになりましたね。

ハープスター不在の3歳牝馬を束ねるのは。やっぱり2歳女王かオークス馬なんでしょうかね?
現時点のオッズは人気を2分した一騎打ちのようです。

本命はオークス馬ヌーヴォレコルト、対抗は2歳女王レッドリヴェールとしました。阪神JF勝利後、ぶっつけ参戦した桜花賞では、かなり強い内容に驚いたレッドリヴェール。規格外のハープスターには屈したが、オークス馬含め他馬は完璧に封じたレースだった。阪神JFでも最後はハープスターに肉薄されたが、この馬も伸びていた分の勝利だった。逆にダービーは負け過ぎの感。1800Mは守備範囲と思うがマイルで一番の高いパフォーマンスを出している。一方のヌーヴォレコルトもマイルを中心に使われてきたが、オークスでそれまで完璧に打ちのめされていたハープスターを逆転したように、慌ただしいレースは得意とはいえないようだ。
今回のメンバーを見れば、おそらくダンツキャンサーがハナに行くと思われ、それほどペースが上がるとは思えない。
ならば、多少でもマイルよりは距離延びて良さがでそうなヌーボ本命としたい。



日曜日も気持ちの良い秋晴れとなりそうですし、両レースとも好条件、好メンバーで見応えのあるレースを期待したいですね。


それでは、皆さんにとって最高の1日になることを願っています。
また見に来てくださいね


Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  セントライト記念  ローズS 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenotikaisei.goegoro.net/tb.php/194-1f4b0e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)