10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

春のグランプリ_宝塚記念展望 

皆さん、こんばんは

今週末の宝塚記念、いよいよ枠も決まり、豪華メンバーの大一番に胸高鳴りますね
予想は指数次第ではありますが… 現時点での注目している馬を何頭か挙げてみようかと^^


昨年の覇者ゴールドシップは8枠11番に入りました。昨年と同じ枠ということで勝つイメージしやすいですね。個人的にも阪神競馬でゴールドシップにピンクの帽子は強いイメージ持っていますね。
ご存じのとおり、スタート直後の行きっぷりがあまり良くない馬です。勝った昨年もスタートは1頭だけ最後の直線のように押して押してようやく先団のジェンティルドンナをマークする位置までたどり着いたのでした。最近のゴールドシップは常に鞍上の手が動いているような印象ですし、トップギアに入れば力が出せるがギアが切り替わるまでが大変な感じです…
まずはレース序盤で先団に取り付いて、それなりのスピードのまま直線を向くか、3角あたりから早めに捲りながらギアを上げつつ先団に取り付くかでしょう。その点、これまでの阪神ではギアチェンジしやすいのか直線でのキレ、持続力はしっかりしています。いずれにしてもスタートはあまり期待しませんが、その後の行き脚が鍵となりそうです。


これだけの実力を持ちながら、どうしても突き抜けることが出来ないウィンバリアシオン。しかし宝塚記念は悲願達成の舞台として知られるレースでもある。近年ではアーネストリーやナカヤマフェスタ、エイシンデピュティ。少し前ならマーベラスサンデー、サイレンススズカ、ダンツフレームなど強い馬だと知っている馬もここでようやく悲願を叶えているし、メイショウドトウが最強馬テイエムオペラオーにリベンジしたのもこの舞台だった。今回のメンバーを見ながら、天皇賞でも書いたように1番減点材料が少ない馬だと感じています。


競馬史に残る女傑ジェンティルドンナ。ドバイシーマクラシック以来となるが調教などからは順調さが窺える。
このメンバーではそれほど流れは速くないだろうし、ジェンティルドンナはいつも通りの好位から進めると思っているが、早めに先頭に並び掛けることも想像できる。ただ、ゴールドシップが昨年のイメージで早め先団に取り付いジェンティルの直後に構えてくることも考えられ、あまり早めに先頭に立つと絶好の的になる可能性はある。個人的には直線入り口では前に馬を置き、仕掛けを一歩遅らせて直線中でとらえるイメージでしょうかね。


前走のヴィクトリアMではさすがと思わせ、負けたにせよ強い内容を見せたメイショウマンボ。
豪快に馬群の中から伸びてくる同馬はやはり怖い。
しかしながら、フィリーズレビューの勝ち馬ながら、阪神競馬場でのパフォーマンスの落とし方は気になる。ただ大阪杯、ローズSは休み明けであったし、ローズSでイマイチの走りから次走、次次走でパフォーマンスをどんどん上げてGⅠを連勝するような馬でもある。大阪杯を叩いて3戦目の今走、一流馬揃いのグランプリであっても侮れないと思っています。


まあ、ここに挙げたのは上位4頭でしょう。
指数もこの4頭なったなら勿論買いますが、大好きな2008年のPOG指名馬も居て心情的にも迷ってしまいます。


当然、宝塚記念には胸高鳴るのですが、
前日の28日土曜日は、出資馬が3頭も出走するので、さらにソワソワ落ち着かない週なんです。

函館11R ユールフェストは得意の函館を待っての出走。昨年同時期の走りを取り戻せればスピード上位は明らかで勝機かと

東京9R ホワイトフリートは500万に降級しての1戦。しかし、近走は1000万条件でも一時期のスランプを脱したように安定して走れるようになってきているし、同コース、同距離を連戦し徐々にパフォーマンスをを上げてきている。ズブさはあるが1番合っているように感じる舞台だし、好結果を期待している。

東京5R いよいよデビューを迎えるイッツマイン。順調に乗り込まれ、怪我もなくこんなに早い時期にデビュー出来るとは陣営、関係者の方々には感謝ですね。初戦なのでどういった競馬をするか分からないですが、福永騎手なら格好付けてくれるでしょう!調教でも古馬準OP馬をアオル動きをしていたようだし、まずは無事を祈りつつ期待しちゃいますね


盛沢山の週末競馬になりそうです。
明日は土曜日の予想をUPしますね。

また見に来てくださいね


Category: 競馬雑記

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  宝塚記念  イッツマイン 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenotikaisei.goegoro.net/tb.php/156-67fbe631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)