FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

注目!日本ダービー予想 

皆さん、こんばんは


以前、江戸川区に住んでいた頃には錦糸町WINSにはほぼ毎週通いました。建て直しする前のだったので薄汚れ、そこら中にノミ屋・コーチ屋が当たり前のように居て、あんまり環境は好くないホームグラウンドでしたね
開催に合わせて中山競馬場へもよく行きました。今は綺麗に整備されて当時の面影も無く驚いたが、"オケラ街道"といわれている畑の畦道行き来していた記憶があります。

住んでいる場所から遠いこともあって東京競馬場には数えるほどしか行けなかったが、初めての競馬場観戦は89日本ダービーでした。
各枠に3頭ずつの24頭立て。広い東京の第1コーナーでもごった返しだった記憶があります。"ダービーポジション"を取りに人馬必死に1コーナーから攻めた時代ですね。
ロングシンホニーの単勝1,000円の初馬券を握りしめて初競馬を観戦したのは何年経っても忘れられないですし、結構鮮明に思い出せるんですよね。当時はまだギャンブルすることへの罪悪感なんかもあったかなぁ。

思い出話を全部書くと長くなりそうなのでこの辺で…

さて…
前日も書いウインフルブルームの出走取消。この馬の回避は2014日本ダービーの展開を大きく変えると言っても過言ではないでしょうね。この回避によって現時点で逃げ策をしてきそうなのはエキマエでしょうか。やや外枠からですがダートで結果を残してきたエキマエが普通に競馬をしても勝てないでしょう。江田騎手ということもあって玉砕覚悟の大逃げも考えらえます。大味な展開になった時、騎手心理にも影響するし、仕掛け次第では紛れが生じることがよくあります。行った行ったにはならないと思いますが、後方からの勝負では厳しいレースになりそうなな気がするし、コースが変わってもこれまでの傾向と同じく好位~中段で自在に動け、直線もしっかり伸びれる馬が狙い目と考えています。

6月1日_予想

イスラボニータは皐月賞の後も記事にしてきたが、フジキセキのラストクロップにして最高傑作ではないかと思っている。
幻の3冠馬と言われた父に初のクラシックタイトルをプレゼントし、フジキセキ産駒で初めて2000m以上の芝GⅠを勝ったイスラボニータ。これまでの東京コースでのレースを振り返れば、危ういシーンなど無かったはず。東京以外でもハープスターに差された新潟も完全に抜け出したいつも通りのイスラボニータを抜き去った勝ち馬が強烈だっただけ。皐月賞にしてもトゥザワールドもウィンフルブルームもアジアエクスプレスも全く問題にしなかった。絶対能力が頭一つ抜きんでている印象で、過去のデータなど関係なくフジキセキ初の~をやってくれるだろう期待を込めて、また、頭で考えていた軸と指数計算した軸が一致したことから迷わず本命としました。


対抗トゥザワールド、3番手にワンアンドオンリーの印は当初逆にする予定でした。弥生賞と皐月賞の2頭の競馬を見れば、直線で切れるワンアンドオンリーが逆転可能だと感じました。
ウィンフルブルームが引っ張る展開になるのなら仕掛けどころは皐月よりも早くなるのかなと思っていたのですが、居なくなったことで前の展開が読み辛くなりました。エキマエの大逃げも想定すると紛れや展開のあやも考えられます、前述した自在性のある馬の方が有利だし、枠もワンアンドオンリーは内枠過ぎて脚質とかみ合わない気がするのでトゥザの方を上位としました。

ベルキャニオンは前走でようやく本来の競馬をしてきた。ワンアンドオンリーやハープスターのような切れ味は持っていない同馬だけに後方待機の2、3走前の競馬ではしぶとく伸びいているものの届く脚は無い。しかし、後方からしぶとく伸びてきた脚を中段からでも繰り出せるのがベルキャニオン。前走のように戸崎騎手が積極的に競馬を進めれば一発あってもおかしくない能力。脚質的にも有力馬の中では一番ロス無く勧めることが出来そう。



7000頭を超えるサラブレッドが目指す頂点とも言われる日本ダービー。
夢叶って権利を勝ち取ってきた17頭がどんなレースを見せ、どの馬が2011年産の頂点に立つのか。
凄く楽しみにしています。

それでは皆さん、年に一度の競馬の祭典。大いに楽しみましょう。
最高のダービーとなることを願っています。




Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  ダービー  イスラボニータ 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenotikaisei.goegoro.net/tb.php/140-3c046d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)