08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

注目!青葉賞 

皆さん、こんにちは

連休後半が始まりました。お出掛けされている方、人ごみ避けてのんびり過ごしている方、GWは関係なく仕事という方、それぞれのGWをお過ごしでしょう。今年は飛び石連休なのであまり遠出しないっていう人も居るようですね。お天気もまずまずのようですし、充実した連休をお過ごしください。


明日は春の天皇賞が行われます。キズナが1倍台の断然人気になりそうですね。前走の大阪杯では圧巻のパフォーマンスでしたから当然といえば当然でしょうが、国内で古馬一線級と対決するのは今回が初めて。日本の古馬一線級と対戦したのは凱旋門賞でのオルフェーブルのみ。今回のメンバー相手に大阪杯と同じような競馬が出来るんだろうか… このメンバーをアッサリ差し切るとなれば、あのオルフェーブルや父ディープインパクトに迫るくらいの力ということになるんだろうか…

どんな指数予想になるのか楽しみです。


さて…
今日はダービーへの出走権利をかけた青葉賞が行われます。
本番のダービーと同じ東京2400Mで行われることもあって毎年注目を集めるのですが、過去に本番で勝利する馬は輩出していません。しかし、近3年、毎年青葉賞で優先出走権を獲得した馬の1頭がダービーでも馬券対象となるばど直結しないわけではなく、3年前のウィンバリアシオン、2年前のフェノーメノ、少し前ならゼンノロブロイ、シンボリクリスエスなどはその後の競馬界を背負って立つトップホースとなりました。やや晩成である馬がこのレースを機に頭角を現すイメージでしょうか。

マイネルフロストは、新馬、コスモス賞を連勝するが、その後はレッドリヴェールやイスラボニータワンアンドオンリーなどの有力馬には完敗、鳴かず飛ばずのイメージでしたが、前走の毎日杯は中段から直線を向くと無理そうな位置から進路を探しながら加速しゴール直前で差す競馬。この馬は東京コースでは2戦1勝4着1回ですが、負けた共同通信杯を見返してみても、しっかり伸びて悪くない競馬をしているように見えます。数戦のモヤモヤした競馬を脱し、確実に走ってくる府中の舞台であれば今回はチャンスとみます。

その他にも皐月賞に間に合わなかったワールドインパクトや少し取りこぼし多いものの能力は十分のラングレーなど、1頭抜けた感のあるイスラボニータにどの馬が挑戦状を叩きつけるのか楽しみな1戦ですね。

5月3日_予想

今日の東京12Rには私の出資馬ホワイトフリートが出走します。
騎手も内田騎手ということで少~しだけ期待しているんです


それでは、今夜は天皇賞予想しますね。
また見に来てくださいね


Category: 競馬予想

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenotikaisei.goegoro.net/tb.php/118-6105777c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)