03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

皐月賞回顧 

皆さん、こんにちは


まだ身体の中でインフルエンザウィルスが猛威をふるっているようで、昨日は一旦下がったと思った熱が再び上昇…怠さ、体が痛いのも相変わらず…テンション全く上がらんですね…

と思ったら…、
キャロットクラブのHPに出資馬イッツマイン(ミーⅡの2012)がNF天栄に出発したとの情報。
いよいよ入厩に向けて動き出しました早ければ6月デビューとか?ちょっと気が早いですかね
あの馬体を早く見たい気持ちいっぱいですが、短距離志向の馬だと思うので安田厩舎でしっかりトレーニング積んで、満を持してってのも良いかなあ。こんなに早いと選択の余地が多くて楽しいですねぇ^^
まずは、このまま順調に無事に育って欲しいですね 


さて…
日曜日は中山で皐月賞が行われましたね。

4月20日_結果

トライアルが終わるごとに今年の皐月賞は大混戦になることは予想していましたが、どの馬にも一長一短あるし、どの馬が逃げるのかも読みづらい予想の難しい1戦となりました。そんななか好発から迷わず先手を主張したのは大外18番ウインフルブルーム。どんな強者相手でも1歩も怯まないレースをし続けてきた実力馬のペースで流れると、人気の〇トゥザワールド、紅一点バウンスシャッセ、2歳王者◎アジアエクスプレスなどが続く展開。トーセンスターダムは先行集団、イスラボニータは中段から進む。勝負どころで捲っていくワンアンドオンリー。逃げるウィンをアジアエクスプレスが坂手前で捕らえに掛かるが追いつけない。そこにアジアエクスプレスの外に出したトゥザワールドが手応え十分で上がってくるが、さらに後段からトゥザの外に持ち出したイスラボニータが襲い掛かる。坂登りで一瞬、4頭が並ぶ形になるがイスラボニータの脚色が勝り快勝しました。2着トゥザワールド、3着は逃げ粘ったウインフルブルーム。


イスラボニータの強さは本物ですね。騎手がGOサインを出すと瞬時にトップギアに切り替わる速さもさることながらトップスピードを持続する力は世代屈指でしょうね。蛯名騎手も内枠が仇にならないような位置取りと折り合いを常に頭においてイスラボニータの力を最大限引き出した騎乗だったと思います。展開や環境、馬の若さなど…力を出せなかった馬も居たでしょうが本当に強い馬はどんな状況でもしっかりパフォーマンスを出してくるものです。現時点では、この世代の牡馬路線において力量が違う印象も受けるくらい強い内容だったと感じています。


トゥザワールドは、ウィン、アジアを見ながら3番手で競馬を進めて直線に向くと、絶好の手応えで前2頭を捕らえに掛かる。しかしトゥザワールドが突き抜けるのかと思ったのも一瞬、外から来たイスラボニータには喰らいつくことも叶わず。
それでも弥生賞でワンアンドオンリーに詰め寄られたことで、追い出すタイミングや位置取りなどをある程度イメージして修正してきたように感じました。 結果的にアジアが捕まえきれなかったウィンフルブルームはしっかりと捕まえてはいるが、勝ち馬がこれほどの脚を使ってくるのは想定以上だったでしょうね。トゥザワールド自身は強い競馬をしたと思うし、高いセンスも持っているが、ダービーでも同じ競馬をしたら、やはりイスラボニータは厳しい相手だと思いますし、早く仕掛ければさらに後続からワンアンドオンリーのような馬も詰めてくることを想像すると厳しいなあ…


ダービーに向けて注目が集まってくるのは、高いパフォーマンスを見せた1着イスラボニータは勿論ですが、4着に敗れたワンアンドオンリーではないでしょうか?弥生賞でトゥザワールドを脅かした鬼脚を皐月の舞台でも当たり前のように繰り出してきた。この2戦で見せた直線の脚は世代TOPクラスであることは間違いなく、府中の長い直線になれば有力視されるのは当然でしょうね。ただし最後方まで下げる極端な競馬しか出来ないことを考えると、あの競馬で捕らえることができるのはトゥザワールドまでのような気もします。実際、皐月賞では直線を向いた時の位置取りがあれだけ違うイスラボニータと上り3F0.3しか差が無いわけで、1本調子の競馬を少し脱皮するような戦術、若しくは実際にあの馬を差し切った桜花賞馬クラスの末脚を使うとか…いずれにしても容易ではないでしょうね。ですが、後方からの末脚勝負に徹したのは弥生と皐月だけだし、その脚質に磨きをかけての東京競馬場というのも未知の魅力もあり楽しみですね。加えて先述の桜花賞馬が参戦したならばその追い比べもダービーの見どころになりそう。



それはそうと…
炎の10番勝負はなかなか好調なのですが、馬券予想の軸が少しズレていますねえ…
収支としては悪くは無いのですが大当たりもない、小魚をいっぱい釣ってる感じ?ですかね
指数計算、若干の見直しをして今週望んでみようと考えています。


それでは、また見に来てくださいね


Category: 結果

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenotikaisei.goegoro.net/tb.php/112-84108b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)