11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

桜花賞 

皆さん、おはようございます


今年の桜花賞はハープスターが断然人気になりそうな感じですね。
過去の桜花賞を紐解けば、臨戦過程も脚質的にも桜花賞のイメージと合いますし、これまでのパフォーマンスを見れば中心となるのは当然ですね。
もちろん、この舞台に出走してくるからにはハープ1強と考えている陣営は居ないと思っています。

唯一、ハープスターに土を付けた2歳女王レッドリヴェールは、活躍馬を次々に排出するステイゴールド産にして待望の牝馬GⅠ馬。父に似たのか小さな体ながら、ぶっつけだろうが道悪だろうが気持ちで走ってくる印象。今回も一叩きした後の反動などを考慮したぶっつけとのことだし、ジャスタウェイやゴールドシップなどの高い次元の激戦を制してきた須貝師が2歳女王を勝たせるために判断してきたことも頭に入れておきたい。ただし、4か月前比べて成長力が乏しいと思える時は重視しないかなあ


阪神JFで3強を形成したフォーエバーモアも充当にクイーンSを勝ち上がってきた。先行力があって最後まで脚色もしっかりしている馬です。私としてはハープスターの脅威となるのはこういう脚質の馬だろうと考えています。

同じような印象をベルカントにも持っています。単なる快速逃げ馬ではないのは前走で証明して見せましたし、狭い最内をゴールまでしっかり伸びていたレースぶりからは朝日FS時点からの成長も感じられました。ロス無い競馬をすればなんとかあと1ハロン頑張れるんじゃないかと…


現時点ではそれほどの大荒れは無いと思っていますが、穴候補としてチェックしておきたいのがホウライアキコとリラヴァティ。
ホウライアキコは、2歳時にアトムもベルカントも倒して阪神JFではハープスターのライバルはこの馬でした。前走も時計的にはそれほど差は無いし、気性的に当日のイレ込みが少なければもっと実力を発揮できるはずで、人気を落とす今回は狙い目じゃないでしょうか。

リラヴァティは相手なりな面はあるが、どんな展開でも自在にレースが出来るのが強みで、自らペースを作ることもできる。ただ、ハープには着差以上の差を付けられたと感じているので連下候補まで。


他にもヌーヴォレコルトや抽選次第ではレーヴデトワールあたりも面白そうですね。
今日中には出走馬決まります。
それが発表なったらまたUPしますね。



仕事の方、今日も1日頑張りましょう

では、皆様にとって良い1日になる事を願っています。








Category: 競馬雑記

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenotikaisei.goegoro.net/tb.php/104-2a92dd9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)