01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

注目!GⅢアーリントンC_予想 

皆さん、おはようございます。

今日から舞台は中山・阪神に変わって、いよいよ春競馬が始まります。
徐々に大舞台を見据えた有力馬も始動し始め、気候も春めいてくると気持ちも乗っていきたいところですが…。


それでは予想です。
本日は中山9~11R、阪神10R、そして阪神11RアーリントンCをUpします。

2月28日_予想

注目はアーリントンC。近3年の勝ち馬が後にGⅠを勝利する注目のレースです。
2歳GⅠ朝日FS組が4頭出走してきました。このメンバーならここが中心でしょう。本命はその朝日FSで最先着したアルマワイオリ。その割に人気無いですねもともと人気でないタイプですが、調教があまり良くなかったことが原因でしょうか…
直線の急坂をグイグイ伸びて来た姿からは、個人的に距離延びても行けるんじゃないかと思っていますが、出来れば父マツリダゴッホは得意にした中山での雄姿も見てみたいですねー(って、あまり予想になってないですが…)

対抗はネオルミエール。指数計算前はこの馬が1番勝利に近いのではと思っていた。現時点では牡馬路線の上位と思われるクラリティスカイとは2戦2敗。しかし、両レースとも直線だけのレース。馬群を縫うように早い上がりを駆使してクラリティスカイに迫っている。もうちょっとスムーズならばさらに上位も狙えたのではという無いようだし、今回も大敗する姿は浮かばない。

一方で、強烈さと危うさが同居するのがナヴィオン。ハマった時の末脚は世代でもトップクラスだと思うのですが、如何せん極端なレースでしか生きてこない。ここは突き抜けも考慮した単穴評価とした。


3歳クラシック路線もコロコロ変わる重賞勝ち馬、強烈な牝馬の登場など、2歳戦の段階からなんとなく力関係が読み解けなかったのですが、弥生賞、チューリップ賞などの主要トライアルを経て今開催で概ね明らかになってくるでしょう。



最後に…
昨日、後藤浩輝騎手のとてもショックなニュースがありました。
熱い気持ちを持ち、それでいてとても心優しく、ファンをとても大事に考えている騎手と感じています。
開門前に寒中並んでいるファンにホッカイロや缶コーヒーを差し入れした逸話もあり、とてもファンの多い騎手であったことも知られています。

苦境との闘いの連続を何度も何度も乗り越え、ようやく全盛期の後藤騎手らしさが戻りつつあった近走、GⅠ勝利で本気泣きする姿や茶目っ気たっぷりにインタビューを受ける姿、また復帰後に拡声器でファンにあいさつした場面が思い出されます。
復帰した表舞台の裏で、ご自身の中では様々な葛藤を抱えていたのだと思いますが…本当に残念でなりません。

ご冥福をお祈りいたします。


また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

tb 0 : cm 0   

注目!GⅠフェブラリーS_予想 

皆さん、おはようございます。

この2、3年、仕事もプライベートも役割や頼まれごとを持ちすぎて、時間も身体もコントロールがやっと時には精神的にもギリギリなんて事が続いていましたが、昨日だけで仕事と地域の3つの役員を退任することが決定
その間、しわ寄せ来るのは、どうしても趣味になるんですよね。
1つ1つこなして終わらせて、ずいぶんと気が楽になりましたー
「あれ今日、何も無いんだっけ?」なんて朝を久しぶりに迎えている感じです


さて…身軽になった嬉しさのあまり前置き長くなりましたが…
土曜日の競馬をリアルでも全休したら、いつにも増して気持ちがハヤります

予想は、いつもどおりWIN5対象の5鞍です。

2月22日_予想

注目はもちろんGⅠフェブラリーS。ブログを始めてからもことある度にダート路線での世代交代を書いてきましたが、ここにきて4、5歳世代の勢いの前に、これまで路線の中心となっていた馬達の影は薄くなりつつありますね
特に、残念なのはホッコータルマエ、エアハリファの不在。これまでの過程からも、ここに入っても上位であったことは間違いないですからね。ということで、今回はこの2頭と凌ぎを削ってきた馬を上位として予想してみたいと思います。

本命はローマンレジェンド。連勝の勢いで臨んできた当時の競馬からはもっとやれていい馬だと思うんですが…。それでも一時の低迷期よりは上昇していると感じるレースを見せている。直前の猛時計からも好調であることはうかがい知れるし、左回りも心待ちにしていた。東京初見参、最内枠と心配な部分も無くはないが、らしさが戻ってきた今ならそうたやすく大敗するような馬ではないと期待している。

対抗はコパノリッキー。アっと驚いた昨年の勝利から1年。ダート路線を牽引してきたといっても過言ではないでしょう。5歳と若く勢いもある。しかし敗れたレースでは、常に往年の強豪が前にいた。特にホッコータルマエとの勝負付けでは、現時点ではホッコータルマエに軍配が上がると思っているが、今回は不在。そうなれば、前年の王者が気を付ける相手は、ホッコータルマエと凌ぎを削ってきた馬だけと考える。圧勝もあるか。

▲はワイドバッハ。この馬の魅力は何と言っても末脚。芝レースかと思うような豪脚で確実に追い込んでくる。特に府中の舞台は能力全開できる格好の舞台。前に行く前年王者だろうが勢いある新興勢力だろうが、まとめて飲みこむ力があり、目の上のタンコブ?好敵手エアハリファ不在のここは武蔵野Sの再現もある。要注意。

注意したいのはワンダーアキュート。やっぱりこの馬を軽視できない。ここ数戦は精彩を欠いたレースが続いているが、帝王賞でコパノリッキーを捻じ伏せ、チャンピオンCではよく伸びたが後ろからの競馬が仇になった。これまでの力からは力上位は明らかで、現時点の人気ならば妙味十分。

前年王者コパノリッキーといえども、やっぱりホッコータルマエほどの安心感は無く、伏兵も多いレースで配当妙味ありそうですね。


皆さんの予想の参考になれればと思います。最良の日になることを願っています

また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  フェブラリーS 
tb 0 : cm 0   

2月20日_競馬予想ですが… 

こんばんは。
今週はG1フェブラリーSが行われます。メンバー的には1頭抜けた人気になりそうな感じですね。
ホッコータルマエが不在、エアハリファの回避はとても残念ですが、伏兵も多く、配当妙味ありそうな予感もします。

で、土曜日の予想なんですが…、
今日帰る予定だった出張が、1日延びて明日帰宅することになり…
予想環境を整えてこなかったためお休みさせていただきます

日曜日はいつも通り予想Upしますので、また見に来てくださいね!

それでは、土曜競馬が皆さんにとって最高の結果になることを願っています

Category: 競馬予想

tb 0 : cm 0   

注目!共同通信杯&京都記念_予想 

皆さん、おはようございます。

この時期になると、休養をはさんだ上位馬達が始動を始め、春に向けてだんだんと盛り上がってきますね。

本日、復帰するキズナも昨春の大阪杯で菊花賞を圧勝してきたエピファネイアとの対決を快勝し、本来なら2度目の凱旋門賞でのリベンジを大目標に、秋のGⅠでも錚々たるメンバーの中心にいるはずでした。圧倒的なスピードは父を彷彿させる鮮やかさの裏で、時として自身を傷つける諸刃の剣となることは競走馬の宿命ですが、復帰したキズナには層が薄いといわれる5歳世代の代表格としても、古馬上位の中心としても大活躍を期待したいですね。


さて…
本日は東京、京都で重賞が組まれていますね。予想はいつもどおりWIN5対象と出資馬ホワイトフリートが出走する東京12RをUpしています。


2月15日_予想


東京は3歳GⅢ共同通信杯。今後の牡クラシックに繋がりそうなメンバーが顔を揃えましたね。
注目はドゥラメンテ。母アドマイヤグルーヴの超良血馬が前走、前々走を圧勝して臨んできました。ここ2走は好位から直線だけで一気に突き放す圧倒的な競馬をしていますが、他馬が懸命に手綱を扱くなか、馬なりで先頭に立ち、追い出されれば豪快に突き放す。性能が全く違っていると感じる。これまでとは相手関係が違うが、4戦連続の東京1800は、当然このレースを見据えてだと思えるし、中1週ではあるが状態も良いようだ。ここは通過点と期待したい。
先週のきさらぎ賞ではポルトドートウィユ(母ポルトフィーノ)が2着。エアグルーヴの血を持つ魅力ある2頭がクラシックで激突なんてのも見てみたいかなー


京都では京都記念。ここの注目はもちろんキズナVsハープスターでしょう。本命はハープスター。これまでのレースを振り返れば、相手のレベルも上がっているし、やっぱり追い込み一辺倒では厳しくなっている。理想はチューリップ賞や札幌記念のように、マクリ気味に進出して、直線中で先頭に立つイメージ。あれだけの豪脚を使いながらも息が上がるシーンは見られなかったし、オークス回顧あたりでも書いたと思うが点火するまでは少しもたつく馬だと思っているので、早仕掛け気味の時の方が、鮮やかさは無いが強さは際立っている。ここは斤量やローテの面からもキズナより上位の印とし、あとは川田騎手がこれから勝っていくために積極策をとってくれることを期待する。

当然、キズナには期待するが、ここは復帰戦。京都記念で無理する必要はない。ただ、京都は合っているし走ってみたら地力が違っていたということもある。今回は▲。


東京12Rでは出資馬ホワイトフリートが出走する。やっぱり府中ではキレ負けする。前走もかなりの手応えで直線を向きながら末脚勝負では足りないなあと感じた。メンバーは前走よりも楽ではあるが… 期待はあるが心配というのが本音。…もちろん本命ですが。

そういえば、昨日の記事に書いたグレーターロンドン強かったですねー。今日の京都新馬戦に出走するレゲンデにも注目しましょう!

それでは、皆さんにとって最高の1日になることを願っています。
また見に来てくださいね


Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  京都記念  共同通信杯 
tb 0 : cm 0   

注目!クイーンカップGⅢ_予想 

皆さん、こんばんは。

土曜日は、京都競馬が夜間発売中止と今週も降雪の影響が出ていますね。
明日の予報をみると開催はされそうな感じですが、アルデバランSなど京都競馬については予想のUpはやめておきますね。

ということで…
土曜日の予想は東京10R銀蹄Sと11RクイーンカップGⅢの2鞍としたいと思います。

2月14日_予想

注目は3歳牝馬GⅢイーンカップ。
現時点では阪神JFで1番人気に推されながら大きく出遅れ、1.0秒差8着に敗れたロカが、人気拮抗ながら1番人気となっていますね。
確かにあれだけ出遅れての1秒差は頑張ったといえるかもしれませんし、直線も外を回してよく伸びているとも感じます。ただ、前走もどうしてあれだけ人気になったのか個人的には疑問で、新馬戦の鮮やかな勝ちも相手関係に相当恵まれているように思える。人気になるならここは様子見というか切ってみたい。

本命はスマートプラネット。メンバーが揃ったアルテミスSでは、直後でココロノアイにピッタリと張り付かれながら、直線では脚色は鈍らずいい伸び、粘りを見せた。しかし、ゴール前一瞬狭くなって下がった結果が5着であり、それが無ければ勝ち馬との差はもっと際どかったと感じている。今回は主戦の田辺騎手に戻り、好戦してきた府中となれば好戦必至と考える。出来れば目標とならない先行策を願いたい。


また今週は、デビューをここを待ちにしていた2頭の良血馬がいよいよ出走してきます。
土曜東京5Rに出走するグレーターロンドンは母ロンドブリッジで兄弟にはオークス馬ダイワエルシエーロやダート戦で活躍したダイワディライトなどがいます。父がディープインパクトに変わってどんな切れ味を披露するのか注目したいですね。

また、日曜日の新馬戦には、父ディープインパクト 母ドナブリーニの牡がスタンバイしています。この血統でピンときた方も多いでしょうが、姉は最強牝馬ジェンティルドンナ。そして本馬は全兄弟になります。しかも戸崎騎手を背にデビューですからねー。スンゴイ注目しています。母ドナブリーニからは5番仔。しかし、これまで中央競馬に出走出来たのは2頭。いずれも父ディープインパクトを父に持つ2頭の全姉。ジェンティルドンナとドナウブルー。両馬ともにOPで活躍したのですから、デビュー戦から否応なしに注目が集まるでしょうね


日曜日は京都記念。当然ですが、キズナとハープスターの対決は非常に楽しみですね。
凱旋門賞で叶わなかった顔合わせですが、今年はこの華のある2頭が古馬勢の中心にいて盛り上げて欲しいですね。

それでは、皆さんにとって最高の1日になることを願っています。
また見に来てくださいね。

Category: 競馬予想

tb 0 : cm 0   

注目!きさらぎ賞&東京新聞杯_予想 

おはようございます

早朝から部屋の窓全開で予想していました。
静かな朝です。
昨日、今日と雪も降らずにとても穏やかで良いですね。雰囲気的には春が近いような気になりますが、また寒波来るんだろうなあ

さて…
今週も重賞2鞍が予定されていますね。

2月8日_予想

注目は、少頭数ながら濃いメンバーが揃った京都11Rきさらぎ賞GⅢ。
その中でも断トツ人気になっているのは牝馬ルージュバック。2戦2勝の勝ちっぷりはたしかに強さを感じれる。しかも2戦目の百日草特別では1月の京成杯を快勝するペルーフを相手にしながら余裕をもって勝ちきっているのだから、高い能力は疑いようもない。大注目の牝馬であることは間違いない。が、今日の本命はポルトドートウィユ。この馬は4戦2勝2着2回。2着は追って届かずのレース。同じ舞台の萩Sでは伸びたところをカットされ、盛り返したが届かなかった。それでも3着に入ったシンザン記念馬を再加速後に抜き去る脚は凄い。ルージュバックの前にいてこの競馬が出来れば簡単に捕まる気がしない。というか、この馬を捕まえれるなら白旗です

素質の高さもさることながら、血統からも買いたくなるのはアッシュゴールド。兄同様、気性に勝った馬のようですし、レースを観ても危なっかしい…ディリ―杯や朝日杯FSの伸びた脚は見どころ十分だったし、京都も過去2走から合いそう。もっと積極的なレースでは駄目なのかと血統を知る池添騎手に聞いてみたいところではあるが…現時点の完成度では前2頭に劣るかもしれないが、伸びしろはも含めれば十分足りる。
先日急逝した父ステイゴールドの血を受け継ぐ1頭になって欲しいとも期待しているアッシュゴールドという意味も含めて対抗評価。


土曜日は、3連単で1頭抜ける病気の連発でした。
なんとか馬連で食い繋いでいますが、今日は気持ち良く当てたいものですね~


それでは、皆さんにとって最高の1日になることを願っています。
また見に来てくださいね


Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  きさらぎ賞 
tb 0 : cm 0   

2月7日_競馬予想 

おはようございます。

最近、朝ドラの影響もあってウィスキーを飲むようになったんですが、ストレートでコップ3杯も飲むと、夜起きてらんないですねえちょっと横になったりすると、イキナリ朝を迎えているなんてことが続いてます。

で、今日もそんな感じで、予想した後に飲み始めたら案の定…Upする前に寝ちゃいましたね


さて…
今日は朝一で小倉1Rのハルマッタンを頭指定で3連単勝負も予想していたんですが、間に合わなかった…
ハルマッタンはJRA‐VanのPOGで指名している期待馬なのですが、惜敗が続いていましたが今日は快勝。これまでの走りを見ていたら脱出まで5戦も要する馬じゃないですからね。今後も期待です。父マンハッタンカフェ。

それでは本日の予想です。
東京9、10Rと京都10、11Rの4鞍予想しています。

2月7日_予想


今日は重賞はありませんが、エルフィンSは今後の牝馬クラシックに向けてはチェックしておきたいですね。


それでは、今日皆さんにとって最高の1日になることを願っています。
また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  エルフィンS 
tb 0 : cm 0   

1月31日・2月1日_回顧 

みなさん、こんばんは。

ここ数日、職場でインフルエンザに感染する人が急増し、とうとう私の周辺にも及んできました…
昨春は、同じようなパターンで拡大したインフルの猛威に屈した私。
危機感いっぱいではありますが…行事の多いこの時期に寝てられないし、何より普通の寒気とも違う背中のゾクゾク感…あれは嫌ですねえ…
早速、首からぶら下げる空間抗菌タイプにマスク。手の消毒や電池式の室内抗菌アイテムなどをホームセンターで買い漁ってきました
これでうつらない保証はないですが一応、バリアに包まれているような安心感がありますねえ


さてと…
先週は、日曜の根岸S、シルクロードSのGⅢを中心に、土日で7鞍予想していました。

1月31日 & 2月1日_結果

それにしても、根岸Sのエアハリファとワイドバッハは本番フェブラリーSに出走する強豪を相手にしても…もしかするとと思わせますね。特に3連続で府中で結果を出し続けたエアハリファは、実績としては初重賞制覇で相当劣るが、安定感や見た目の強さ、好敵手ワイドバッハがチャンピオンズSで通用したことを考えれば、ホッコータルマエやコパノリッキーなどと遜色ないところまで来ているような気がする。
華やかなというよりも長い下積みを経てようやく開花してきた。どちらかといえば、若い世代の台頭により世代交代の波が加速している感があるダート路線。新風ではないかもしれないが、層の厚い6歳世代に確実な力を育んできた2頭がダート界を面白くするかもしれませんね。

シルクロードSは、やはりというかアンバルブライベン。途中、ニザエモンがもう少し仕掛けるのかと思ったんですが、力が違うということでしょう。予想でも書いたように、アンバルを単騎で逃がしてしまえば追いつける馬は限られている。淀短距離Sではアンバルのペースに惑わせられず、先行策から差し切ったエイシンブルズアイは、騎手変更も裏目に出たか消極的な感じの惨敗。上手に立ち回れて末脚に覚えのある馬が2、3着。4着はコース取りの差。
スプリント路線も混沌としているのかスノードラゴンが統一しちゃったのか、よく分からんですが…アンバルブライベンと脚質被る人気馬もいますし、良い刺激になりそうで楽しみですね。


今週は、なんといっても血統馬がズラリと集結したきさらぎ賞。しかも血統だけでなく春のクラシックが待ち遠しくなるレースぶり。昨年もトーセンスターダムとバンドワゴンの対決に沸いた1戦。今年は圧倒的な勝ち方で連勝してきたルージュバックに注目が集まっているようだ。京成杯を素晴らしいキレで差したペルーフを全く問題にしなかったのだから当然といえば当然。ただ、若駒の競馬ではあるし、目移りする豪華メンバー。しっかり過去レースを検証したいと思います


それでは、また見に来てくださいね


Category: 結果

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  エアハリファ  きさらぎ賞 
tb 0 : cm 0   

注目!根岸S&シルクロードS_予想 

おはようございます


早朝からの町内会行事からようやく帰ってきました。
夜中、相当冷えますね。路面はツルツルだし、行くときに溶けた車の雪も再び凍り付いていました。

競馬の方は、画面からみる中山・京都とも日差しが差して良い感じですね。
昨日はお試し1鞍でしたが、本日はいつもどおりWIN5対象のレースを予想しています。
ちなみに、今日は出資馬ホワイトフリートが東京12Rに出走しますので、合せて6鞍Upしますね。

2月1日_予想

東京で根岸S、京都でシルクロードSが行われますが、なかなか難解ですねえ。

根岸Sは◎エアハリファ。以前から安定感はある馬だが、ここ最近は1段階強さが増した感じを受ける。前走の武蔵野Sにしても、好位から完ぺきな内容で1.頭抜け出し突き離す完ぺきな内容。あの競馬でゴール前差されてしまうのなら、追い込んで届いた馬を褒めるしかない。距離的に少し忙しいかなとも思うが1400OP勝ちもあり、流れにさえ乗れれば問題ないと思える。前走くらいの競馬が出来れば、問題なく勝ち負けレベル。ここをスンナリならフェブラリーSの強力馬相手でもかなり面白い存在になるんじゃないでしょうかね。


シルクロードS。注目はどの馬がハナを切るか。と考えた時に近2走でニザエモンはアンバルブライベンを制してまでは主張しない。マジンもホウライアキコもベルカントもハナを切るスピードはあっても近走からは無理してまで行かないとなると、おのずとアンバルブライベンのペースで淀短距離Sの再現とみる。他馬が早い時点で潰しに掛からない限り、逃げ先行馬に非常に有利なペースで進んでいくことになる。
本命は、その展開を力で打ち破ったエイシンブルズアイ。ただし、アンバルとの同力量と評価する。
ホントは7枠牝馬がガンガン行く展開も面白そうですけどね


遅くなったので薄いコメントでご勘弁を

それでは、皆さんにとって最高の1日になることを願っていますよ!
また見に来てくださいね


Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  根岸S  シルクロードS 
tb 0 : cm 4