04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

夢のつづき ~雨のち快晴~

日々の生活雑記&競馬雑記

 

ダービー前日 展開が読めない… 

皆さん、おはようございます

ウィンフルブルーム回避ですか…残念ですね
どんな強敵を相手にしても1歩も引かず好勝負に持ち込み、皐月賞では積極的な逃げ戦法で3着に粘りこんだ実力馬だけに…
ここを見てくれている方からも重い印を打つ予定とメールいただいたり、メディアでは取り上げ少なかったように感じますが、密かに人気していたんですよね
この馬が取り消したとなると展開が読みづらくなりますね。エキマエ(江田照騎手)だとすると大逃げありそう…

さて…本日は、東西のメインと京都10Rを予想しています。
競馬の祭典を前に馬券ハズして痛手負いたくないですね。

5月31日_予想

京都10Rの白百合S、オークス、ダービーへの出走が叶わなかった馬が流れてきていますが、皐月賞5着ステファノスや前走は出負けが影響して敗れたものの、本来の好位で競馬が出来れば巻き返し可能なミヤビジャスパー、桜花賞ではホウライアキコと同タイム6着で駆けたレーヴデトワールなど重賞でも勝ち負けできる馬が何頭か出走してきています。近5年でもマウントシャスタやマイネルラクリマ、阪神大賞典を勝ったギュスターヴクライなど、好走馬の中には後の重賞馬も含まれています。3歳OP戦ですが、ちょっと注目しているレースです。


日本ダービーの本命。頭の中では決まっていますが、今夜、指数計算をして予想をUPしたいと思います。
それでは、皆さんにとって日本ダービーに繋がる最高の1日となることを願っています。
また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  白百合  ダービー 
tb 0 : cm 2   

日本ダービー展望 

皆さん、おはようございます

今日も暑そうですね……

昨夜はあまり寝苦しくエアコンの出番となったし、今日もお世話になりそうです。
まだ5月だというのに…連日の暑さが身体に堪えます…


さて…
今週はいよいよ3歳クラシックの最高峰レースといわれる日本ダービーが行われますね。
7000頭を超える2011年生まれのサラブレッドと馬に携わるホースマン達が目指す夢舞台。

今年は1冠目の皐月賞トライアルから有力候補どおしの潰しあいが少なく、各地で強い馬がしっかり結果を出して名乗りを挙げ。そのような状況で行われた皐月賞は、皐月賞と同じ舞台の弥生賞を人気で勝ち上がってきたトゥザワールドが1番人気に支持されるものの、上位8頭くらいまではどの馬が勝っても不思議でない大混戦。もう少し詳しいことは皐月賞回顧をご覧ください

注目は、6戦5勝の戦績。うち東京コース4勝、重賞3勝。と抜群の安定感を誇るイスラボニータ。当然皐月賞以上に注目も人気も集める存在となるところでしょうが、相変わらずの混戦模様。現時点で5頭くらいが上位人気してオッズも割れそうな感じですかね。皐月賞馬イスラボニータの父フジキセキが日本ダービーだけでなく、東京2400mの戦績が今ひとつなことも要因でしょうか。2000m以上の芝GⅠ勝ちとしても先日の皐月賞が初めてである。ただし、フジキセキ産の子供達は東京コースで高いパフォーマンスを見せているのは有名で、イスラボニータも3戦3勝(重賞2勝)と完璧。また、調べてみると、全体からみると主総数自体が少ないものの2100~2400m戦での勝率、連対率、複勝率は何気に高い。"幻の3冠馬"といわれたフジキセキ自身がクラシックを前に引退を余儀なくされたが、当時距離面で不安な感じは無かったように思うし、今回も言うほど不安は無いのかもしれないですね。

皐月賞やトライアル戦の伸び脚からは距離延びても走れる印象。
フジキセキ最後の産駒にして悲願のクラシックタイトルを手にし、最高傑作とも思えるイスラボニータなら、過去のデータは関係ない、幻と言われた父の称号も叶える可能性はあるかもしれませんね。(さすがに菊は長すぎですかね…


群雄割拠の牡馬クラシック。狙える馬は多いのですが、ちょっと気になるベルキャニオン。マウントシャスタ、カミノタサハラらを兄に持ちながらダービーは兄弟初挑戦。ディープ産駒らしく東京コースではキッチリ結果を残しているし、前走プリンシバルも勝ちにいっての危なげない競馬。皐月賞も敗れはしたが脚は伸ばしているし、展開・乗り方次第と思える。前走で結果を残した戸崎騎手がレッドリヴェールではなく、そのまま乗ってくれるのも魅力。皐月のような位置取りでなくもっと好位で積極的な競馬が期待できます。

2歳女王レッドリヴェールも有力な馬だと思います。単純にハープスターを物差しに相手比較するならイスラボニータと互角以上の競馬をしてもおかしくない実績があります。展開、位置取りは自在に近い。安定した脚は休み明けで後のオークス馬すら寄せ付けなかった。この舞台で好成績を収めるステイゴールド産となれば牡馬相手でも全く遜色ないどころか、頂点も狙える位置にいる馬だと思っています。


まだまだ書きたい馬はいますが、予想した時に書きたいと思います。

それでは、また見に来てくださいね

Category: 競馬雑記

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  ダービー  イスラボニータ 
tb 0 : cm 0   

オークス回顧 

皆さん、こんばんは

「競馬に絶対はない」…ですね
馬混みを苦にせずに好位~中段で競馬が出来て、インから脚を伸ばせる馬。まさにハープスターを倒すならの注文どおり、ヌーヴォレコルトが断然人気の桜の女王の猛追を凌ぎ切り、樫の女王の座を手中にしました。

5月24日_結果
5月25日_結果

断然人気の◎ハープスター。悪くないスタートをきると、いつもどおりの定位置後方へ。直線までは他馬が引っ張る展開を後方3番手で追走し、直線での末脚に懸ける。直線入り口でヨレた馬に多少外にフラれているが影響は少ないか。勝負を懸けた直線では1頭だけ別次元の豪脚を繰り出し、1完歩ごとに差を詰めるが先に抜けていたヌーヴォレコルトに並んだところがゴール板。クビ差凌がれた格好で2着に敗れた。一部で不安視されていた距離面では問題ないように感じた。

競馬である以上は展開や進路、馬場・天候などの環境に少なからず影響を受けるのは仕方ない。また、末脚不発とコメントされているのとは裏腹に完全に差し切れるだけの脚はあったと感じている。この馬は、とてつもない爆発をするが点火するまで少々時間が掛かるタイプだと感じている。桜花賞も離された最後方から直線勝負だったのだが、ペースも早く不利も無く加速できたのがあの末脚を生み出したのではないでしょうか?同じコースの阪神JFでは馬群の中に突っ込んだ分、点火し始めるまで時間を要したし、あと50~100mでようやく爆発したのだが1歩届かなかった印象。今回のオークスでいえば、桜花賞のイメージで追走して直線を向いてもペースが緩い分、エンジンのかかりが遅い。もう少し徐々に押し上げる戦法をとっていたなら、爆発している距離はもっと長かったのではないかと思えるし、これほどの馬だからこそGⅠを2つ取り損ねた感も否めない。
これほどの爆発力を秘めた馬だとしても、次走以降もあたりまえのように直線一気にしがみ付くようではギリギリ届くか届かないか…綱渡りの連続でしょうね。

それでも、"負けて強し"の印象を受けたし、この馬の能力を全開にできるような戦術・騎乗が一体になれば秋の大舞台には十分間に合うはず。これで評価を落とすわけではないですね。むしろ、爆発してからはとんでもない脚を使っているのは間違いないし、今後の巻き返しを期待しています。


対抗にしたサングレアルは元々が小柄な馬だけに馬体が減らないようにと思っていましたが、発表はマイナス14キロ。パドックを見ても一際小さく、完成度が重要な3歳春時点としては物足りなさも感じました。それでもレースに行けば上位に絡んでくるのだから、やっぱり能力の高さは感じます。ひと夏を越して体が出来てきた同馬なら勢力図を塗り替えれる器はあると思います。その時を楽しみに注目していたいと思います。


勝ったヌーヴォレコルトは、桜花賞でも感じた競馬センスの良さ、抜け出す脚の速さは今オークスでも最大限に発揮してきたと思います。また道中は早めにラチ沿いをキープ。3コーナー付近から徐々に包まれない位置まで出すと直線ではバウンスシャッセと1頭分の同じ隙間を狙ったが、この馬の長所である反応の良さで競り勝った。後は真っ直ぐ進む道が開いていたし、最後までしっかりと伸びてハープスターの猛追を凌いだ。チューリップ賞、桜花賞とハープスターの派手な競馬の前に霞んでいたが、反応良く、自ら早めに動けるし最後まで脚色鈍らず、粘り腰もある。この競馬なら今後も大崩れしないと思えるし、馬券的にも安心して買えそうな馬という印象。血統的にも秋にはさらに良くなりそうで楽しみな馬ですね。


歴史的な女傑誕生をイメージしていただけに、ハープスターの敗戦には少々ガッカリしたオークスでした。
ですが、まだ3歳春の女の子の結果です。それぞれの夏を越した時、現時点ではではまだ叶わなかった馬であっても見違えるくらいの成長を遂げる馬もいることでしょうね。

そして今週は、日本ダービーが行われます。競馬に携わる人達にとって夢舞台ともいわれる大一番。
皐月賞馬イスラボニータを始め、4連勝で臨んだ皐月賞は2着。巻き返しを狙うトゥザワールド、他にもワンアンドオンリーやトーセンスターダム、堅実なウインフルブルーム、強い勝ち方で連勝しているハギノハイブリッドなど今年の牡馬路線は相変わらずの群雄割拠の様相。そして大注目はハープスターの好敵手にして2歳女王レッドリヴェールが紅一点の参戦表明。話題にも事欠かない大注目の1戦が行われます。

私は当日運動会…
まずは出走馬をチェックして改めて展望をUPしますね。


それでは、また見に来てくださいね


Category: 結果

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  オークス  ハープスター 
tb 0 : cm 0   

注目!オークス予想 

皆さん、おはようございます

東日本大震災からの復興を願い、東北6県を代表する夏祭り(青森ねぶたまつり、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつり)が一堂に会する"第4回東北六魂祭(ろっこんさい)"が本日25日まで山形市を会場行われています。花笠は何度か踊り手でも参加しているのですが、東北に住みながら他県のお祭りは参加したことが無く、今年は地元開催ということで超混雑覚悟で行ってきました! 当然、宿など取れるわけもなく、駐車場も結構離れた場所から歩き。沿道も凄い人混みでなかなか大変でしたが、お囃子や威勢の良い掛け声、いつかは観てみたかった迫力のねぶたなどに盛り上がりも最高でした。2日間で20万人も見込んでいるようですし、天気の良さそうな本日も大いに盛り上がりを見せそうです。


さて…
気持ちも上がってるままに日曜日の予想を

5月25日_予想


注目の3歳牝馬頂上決戦オークス。先週、先々週の東京マイルGⅠ、逃げ切りは難しいとされたなか、連続して逃げ馬が勝利し、インに入って追走した馬が馬券圏内に伸びてきた。逆に大外に出して途中まで差し切る勢いで伸びてきた馬は直線終盤に失速しているように見える。外も伸びているが内目の状態が良いのでしょう。オークスで断トツの人気を集めるハープスターの通る道は大外差し切りだろう。桜花賞で見せたあの鬼脚は、今の東京では無謀とされる進路でも17頭を差し切れるのか注目ですね。

その桜花賞馬ハープスターは、チューリップ賞、桜花賞と大外一気を決めての快勝。特に桜花賞では縦長の展開で、直線を向いた時の映像は絶望的な位置と思えた。しかも先に抜け出したのは唯一ハープスターを倒した2歳女王。しかし、上り32.9秒の末脚を繰り出しながらゴール直前ではまだ余裕があるかのような差し切り勝ち。二十数年も競馬してきたのに、こんなに衝撃的な馬は数えるほどしかない。どうしても過去のブエナビスタ vs レッドディザイアを重ね合わせてしまうのだが、オークスで最後方からレッドディザイアを差し切ったブエナビスタ以上の末脚を持つハープスター。1勝1敗のライバルは日本ダービーへ向かった。不利といわれる今の大外一気も「届かなかった他の馬と一緒にするな!」くらいの力差で歴史的な女傑・2冠馬となり、さらに輝きを増す1等星となることを期待して本命とします。


前述したブエナビスタを姉に持ち、母は名牝ビワハイジ。ブエナビスタを筆頭に錚々たる兄弟が名を連ねる。まだ3戦目という初重賞でも大舞台での血が騒ぐのか、荒いながらもきっちり勝って見せた。父が代わっても母の産駒らしいと感じた。2戦目は2頭が大逃げする展開を中段から進んだ。結果的に2・3着馬と一緒に進出しながら、下がってきた逃げ馬に進路を塞がれた格好ととなった4着。その先着馬は京都新聞杯1・3着馬なら全く悲観する内容ではない。むしろ、外伸びするなか最内から伸びてきていた同馬。今回の枠なら、最後方にでも下げない限り内目を突くような競馬をするのではないかと考える。まだまだ身体も競馬も姉の域ではないが持っているポテンシャルは相当高い。ハープスターと勝負付けが済んでいないのも魅力。血が騒げば大駆けも!?の対抗です。


脚質、松田厩舎などから何かと比較されがちなハープスターと女傑ブエナビスタ。両馬ともライバルがレッドというのも良いですね。しかし、レッドリヴェールがダービー挑戦を表明し、ライバル不在・1強の様相を呈するなか、突如として駆け上がってきたのは女傑ブエナビスタの妹。何か因縁めいたものも感じてしまいます。
今年の牝馬は強いと2歳時点から言われてきました。その頂点に立つのはハープスターなのか、ハープスターよりも輝ける新星が現れるのか

楽しみにレースを待ちたいと思います。


それでは、皆さんにとって最高のオークスdayとなることを願っています
また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  オークス  ハープスター 
tb 0 : cm 0   

5月24日の予想 

皆さん、こんにちは

明日行われる注目のオークスですが、まあ当然ですがハープスター1強のオッズですね。
予想は今夜UPしますが、あの強烈な桜花賞を目ですから、あの馬が敗れるイメージはなかなか湧かないですよね。
ただ、穴っぽいところで想定していた馬までも割と上位人気してしまっているのが…
私の馬券としては、頭は人気どころで人気薄が2、3着に突っ込んでくるのが良い馬券にあり付けるパターンなんですよね。

さて…

今日は東京・京都メインと東京9RカーネーションCを予想しています。

5月24日_予想

本日唯一の重賞は京都で行われる平安S。
私としては、ダート路線を牽引してきた4強と思っている、ホッコータルマエ、ベルシャザール、ワンダーアキュート、ニホンピロアワーズですが、若い世代の台頭やこのところのレースぶりからは少しずつその影は薄くなりつつあるのを感じています。

牝馬とダート路線は好調馬を狙うと思っているのですが、平安Sに出走するナムラビクターとジェベルムーサは、4強を脅かす勢いある好調馬。ナムラビクターについては5歳ですが、長期休養を挟んで15戦の戦績。レース間隔も十分に取りながらフレッシュな状態を維持しているのが好調に繋がっているのだと思います。
一方のジェベルムーサは、昨年のながつきS、フェアウェルSを見た瞬間に4強に割って入ってくると感じた馬。12月に記事にした以降も順調に使われて、初重賞の前走は57キロを背負って56キロのソロルと追い比べ。後方から早めに動いた分いつもの伸びを欠いた2着であった。それでも休み明けで少し緩さを感じさせる身体であったし、今回はソロルと斤量で逆転。同じ世代のコパノリッキーに後れをとったが4強越えの布石とするためには強い競馬を期待したいですね。



記事を書いている間にバウンスシャッセが3番人気ですか…


長丁場の連続GⅠですし、しっかりと馬券を当てて明日の軍資金にしたいところですね。
それでは、皆さんにとって明日に繋がる1日となることを願っています。
また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  オークス  平安S 
tb 0 : cm 0   

オークス展望 

皆さん、こんにちは

今週末は、3歳牝馬クラシックの2冠目オークスが行われますね。

3歳牝馬にとって、桜花賞とともに春の大目標のレース。1冠目の桜花賞から一気に800mも距離延長することから、マイル戦中心で実績を積み重ねてきた有力馬が馬群に沈むシーンも少なくない。


断然人気となるであろうハープスター。
競馬ファンならばこれまでのパフォーマンスから、過去の女傑を思い出しても遜色ない規格外であることを感じていると思います。ディープにベガ、イスラボニータを圧倒した左回り、この東京2400mこそ能力全開の舞台では。

この馬の域に達している馬はいないと思えるが、競馬に絶対は無いのは身を持って知ってます(‥;)

現時点で気になる相手はサングレアル。やはり規格外の強さで桜花賞、オークスを制した女傑の妹。3戦2勝、全然底が見えない。小柄な馬でまだこれからの馬だろうが、現時点で持っているポテンシャルは相当と感じられる。


ヌーヴォレコルト、フォーエバーモアは正直、ハープスターを逆転するのは難しいと思えるが、前が残っている最近の東京。展開次第では残り目あるかと。

前残るならサングレアルを相手に一頭粘ったブランネージュも面白い。


ハープ断然は予想出来ますが、指数がどう出るのか楽しみです。


今日は出張先に向かうバスからUPしてます。揺れて思うように…

誤字脱字ご了承くださいね

それでは、また見にきてくださいね

Category: 競馬雑記

tb 0 : cm 0   

ヴィクトリアマイル回顧 

皆さん、こんばんは

本日は、気持ちの良い快晴。風もそれほど吹かず、とても過ごしやすい1日でした。

私の地域では、毎年6月1週付近の日曜日に大運動会が行われるのですが、地域の一大行事に向けて、連日のように夜は準備、朝は早朝練習…と、まだ1週前というのに稽古やり過ぎの感… 
今日みたいな気持ち良すぎる陽気は、寝不足と疲れで一瞬記憶が… 要注意ですね


さて…
この土日は予想の難しいレースが多かったですかね…

5月17日_結果
5月18日_結果

注目のヴィクトリアマイルGⅠは、昨年の同レースで勝利して以降、突如として影を潜めていた"らしさ"を取り戻したい一心からか、女王ヴィルシーナが好発から押し気味に積極策に出る。逃げ予想されていたクロフネサプライズがあっさりと押えて2番手に控える…(NHKマイルと似た展開…) 5、6番手にホエールキャプチャ、メイショウマンボ、その後ろからストレイトガールとスマートレイアが追いかける。有力馬ではデニムアンドルビー、ウリウリは縦長の馬群後方から。直線に向くとクロフネサプライズ、ケイアイエレガントがヴィルシーナに襲い掛かるが捕まえきれない。その直後最内から昨年の最優秀3歳牝馬メイショウマンボがグングン伸びてくる。大外からは一昨年のヴィクトリアマイル女王ホエールキャプチャも伸び脚鋭く、逃げるヴィルシーナに迫る。残り50M付近、やはりインが伸びている。前が塞がり追い出し遅れたストレイトガールがキレキレで馬群を割ってきた。しかしホエールキャプチャを抜いてメイショウマンボに並んだところがゴール板。先週同様、逃げ切りは難しいといわれた東京マイル戦。ヴィルシーナがヴィクトリアマイル連覇の偉業で復活を果たした。

ヴィルシーナは、大敗を喫していた数戦とは見違えるほどの行きっぷり。馬が行く気で逃げたのは記憶では、桜花賞、オークスをジェンティルドンナの2着と悔しさいっぱいで臨んだ最後の1冠秋華賞。ジェンティルドンナを封じるために用いた戦法は逃げでした。結局、ジェンティルドンナにハナ差敗れたものの敗れて強しを印象付けました。ここ数戦、積極的に行く姿も粘り腰も影を潜めていましたが、前走で短い距離を使ったことが功を制したのか?久しぶりにこの馬"らしさ"を見たような気がします。昨年の安田記念でも敗れたものの見せ場は有ったし、距離的にもマイル~2000mが合うんじゃないでしょうかね。常に直後に馬がいて、虎視眈々と抜け出しを狙っているのだから厳しいレースだったと感じますが、圧力に屈さない粘りも見事でした。この馬が順調に上向いてきたなら牝馬路線はもっと盛り上がりそうですね。

メイショウマンボは前走から一変、さすがはGⅠ3勝もした力を見せてくれました。混戦になるほど底力を発揮する同馬。ラチ沿いで脚を溜め、ヴィルシーナを射程圏に入れると前が開くと同時に一気の加速で2番手に上がってきました。一旦はヴィルシーナ交わすと思った勢いでしたが、そこからもう一度伸びたヴィルシーナに先着を許す形となりました。しかし、ヴィルシーナには敗れたものの、手に汗握る攻防となった直線でキッチリ馬群お一番前に出てくるのだから大したものです。、どうも信じきれなかった昨年の快進撃ですが、牝馬限定ならばいつでもGⅠタイトルを手中に出来る馬であることをこのレースで感じました。

◎ストレイトガールは、スマートレイアとともに8番手から。距離延長は不安視していなかったものの、スプリント戦を戦ってきた馬でということで掛かる心配はしていましたが、案の定、序盤は岩田騎手が抑えながら追走する場面も。しかし、それも一瞬。さすがは真夏の連戦・連闘、力を要す泥んこ馬場…これまで厳しいレースの連続でも乗り越えてきたタフな馬です。メイショウマンボの直後でしっかりと待機して直線へ向くと、同列にいたスマートレイアなど先に動いた馬が壁になってなかなか開かない。一瞬開くたびに一段前へ、また開くのを待ってもう少し前へを繰り返し上げて行く。壁が無くなり本気で追えたのはゴール直前だけと少し悔しさの残る競馬でした。それでも最後は、伸びているはずのメイショウマンボでさえも止まって見えるほど、完全に突き抜ける脚色だったと思いますし、この馬のポテンシャルの高さを改めて認識したレ-スとなりました。
東京マイルで今回のレースぶりですからね。レース選択の幅も一気に広がり、秋に向けて本当に楽しみな1頭です。

ホエールキャプチャは、5、6番手の外を追走。いつでも前を捕まえられる絶好の位置・手応え。しかし直線は伸びてはいるが突き抜けるほどの勢いは無く、メイショウマンボに並び掛けるのが精一杯。最後は内目から馬込みを縫ってきたストレイトガールにも差されての4着。しっかり折り合っているし、最後もちゃんと伸びているようにやっぱりこの舞台はベストなのでしょう。伸びきれないというよりは、内が良く伸びるんじゃないかと思います。残念でしたが力は見せたように大きく下降していたリズムは戻ってきていると再確認できました。元々は場所問わずの堅実な馬、良い状態で秋を迎えられたら東京限定と言わせない力を見せることが出来るかもしれないですね。



今、大相撲夏場所をやっています。昨日、横綱・白鵬が勢いのある若手成長株・遠藤の挑戦を正面から受け止めて、そして力で捻じ伏せていました。
古馬路線では横綱的存在が引退し、次期候補はいるものの、今のところ群雄割拠の様相ですかね。それはそれで面白いのですが、立ちはだかる大きな壁が下から来るものを強くすることもありますし、絶対的な存在がいた方が個人的には好きですね。

ヴィクトリアマイルは、難しいと感じたレースでしたが終わってみればGⅠ馬のワンツー。
混戦になるほどGⅠを制することができる底力が必要ということでしょう。
今回に関して言えば、出走してきた3頭のGⅠ馬を超えるような馬はいなかったということですかね。でも、敗れた馬にも楽しみな馬が多く参戦してきたレースでしたし、これを機に秋に向けて飛躍してほしいですね。



今週はオークス。ここには絶対女王がいますね
登録馬をよく見て、また記事にしたいと思います。


それでは、また見に来てくださいね

Category: 結果

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  ヴィクトリアマイル 
tb 0 : cm 0   

注目!ヴィクトリアマイル予想 

皆さん、こんばんは

このところ実力がありながらリズムを崩して低迷していた馬や結果を出してこれからという時に怪我等で長期戦線離脱を余儀なくされた馬の復活劇が目立つと以前も記事にしたのですが、土曜日も鮮やかすぎるというか凄い復活を遂げた馬がいました。京都11R都大路Sに出走したグランデッツァは、2012年の日本ダービーの後に故障、今年1月に復帰して2戦は脚への負担を考慮してかダートを使われていたが、復帰後初の芝コースを日本レコードで圧勝しました。ゴールドシップ、ジャスタウェイ、フェノーメノなど強豪、タレント揃いの5歳世代。札幌2歳Sではゴールドシップ、スプリングSではダービー馬ディープブリランテを撃破し重賞2勝している。同じく2012日本ダービー後に長期離脱したワールドエースが先日のマイラーズCでレコード復活を遂げたばかり。

5歳世代のエース級が続け様にレコード復活とは驚きます。しかも1000m57秒6とかなり速いペースを2番手で楽に追走しながら、直線を向くと先頭に立ち、引き離す一方ですから怪物級ですね。まあ、OPあたりでウロウロしているような馬じゃないですけどね。次走はエプソムCが有力だとか。故障した馬なのであまりにも早すぎる時計が心配ですが、無事に次走へ向かって欲しいですね。秋に5歳世代のエース格が久々に顔を揃えるかもしれませんね


さて…
前置き長くなったので さっそく日曜日の予想です。

5月18日_予想

本日は、注目のマイル女王戦ヴィクトリアマイルGⅠが行われますね。
難解な1戦で、展開次第ではどの馬にもチャンスがあるように思えます。

ストレイトガールは、昨年の夏に500万下を勝つとそこから4連勝。真夏の約2ヶ月間に6戦も消化しながら使い減るどころか、どんどん強くなっている印象を受けた。休養を挟んで2月に復帰すると連勝でシルクロードSを制し、前走は高松宮記念GⅠでも1番人気に支持されるほど、あっという間にGⅠの有力馬までのし上がってきた。1200mを中心に勝ち上がってきた馬ではあるが、元々はマイルくらいまで使われていた馬。覚醒した昨夏以前の時とはまるで違う馬だと考えている。前走にしても極端に悪い馬場のなか、先着を許したのは利点を存分に活かした馬と馬場がピッタリ合ったダート出身馬。牡馬でも苦しんだ力を要す厳しい状況で3着を確保したのは地力なのでしょう。外枠だと厳しいかなと思っていたが1枠に入ったのだから運も味方に狙ってみたい。4-2-1-0の鞍上も心強い

スマートレイアは、正直なところストレイトガールとどちらを本命にするか迷った。というのも指数予想としては殆ど同じ数値となったのでした。こちらを2番手にしたのは極端な競馬しかしていない危うさですかね…
確かに、前走は出遅れながらも直線だけで伸びているウリウリを差し切るのだから強いんですけどね。
今回は、クロフネサプライズ、ケイアイエレガントあたりがペースを作ると想定していますが時計は平均~やや遅いくらいではないかと思っています。そうなると先週と似たようなイメージで、今週は逃げ馬の台頭は考えてませんが、おそらく大外一気の戦法をとるであろうスマートレイアよりも自在に立ち回れる内目の馬を本命にしています。

ホエールキャプチャは、どんなに不調であっても、前走で大敗してようとも、相手が牡でも斤量を背負ってもとにかく府中は走る。一旦、下降線を描いた牝馬の復調はなかなか難しいと思っているのですが、この馬は下降線を描いたかと思いきや、府中になると復活してくるのだから本当に得意なんでしょう前5走を対象に指数計算する私の予想。5走のうち東京競馬場での3走が指数を跳ね上げて3番手評価です。


買ってみたい馬がわんさかいて本当難しい予想です。が、展望でも狙ってみたいと思っていたストレイトガール、ホエールキャプチャが指数上でも◎▲でしたから、腹を決めるには十分です
天気も良さそうです。広々とした府中の舞台で見応えある女王決定戦を期待したいですね。



それでは、皆さんにとって最高の1日になることを願っています。
また見に来てくださいね

Category: 競馬予想

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  ヴィクトリアマイル 
tb 0 : cm 0   

5月17日の予想 

皆さん、おはようございます

こちら東北ですが、昨日から風は強いし、寒い…
体が徐々に暑さに慣れようとしていたところで急激に気温下がると適応できないですね…
皆さんがお住まいのところはどうでしょう?体調崩さないようにお気を付けくださいね。


さて…

明日の牝馬マイル女王戦ヴィクトリアマイルは、この記事を書いている時点でホエールキャプチャ、スマートレーア、メイショウマンボが人気を分けていますね。まだ変動あるでしょうけど、もう少しスマートレイアに集中すると思っていました。一方で、昨年からの強さを目の当たりにして個人的に注目しているストレイトガールは5番人気。こちらはもう少し下げて欲しいかなぁ


本日は東京競馬場で京王杯スプリングカップが組まれています。

5月17日_予想

3月の高松宮記念GⅠを勝利したコパノリチャードの参戦で注目を集めています。前走の高松宮記念はたっぷりと雨を含んだパワーを要求される馬場でしたが、鞍上の判断力も相まって絶妙な位置取り、コーナーリングと最高の競馬だったと感じています。初のスプリント戦であのパフォーマンスですから、馬自身の反応の良さからも好調・充実ぶりが伝わってきます。加えて今回は3勝をあげている1番得意とする7ハロン戦です。このメンバー相手に取りこぼして欲しくない気持ちで本命とします。



新聞や情報サイトでは、オークスやダービーの前追い切りなどが伝えらえてきて徐々に盛り上がりを見せてきていますね。
また、門別で新種牡馬ヴァーミリアン産の2歳馬が勝利したなんてニュースがあり、いよいよ新馬戦も始まってきましたね。個人的にはサイトや雑誌のPOGにも参加しているし、一口出資馬も早期デビューが期待できそうな現状なので新馬情報は気になるんですよね。

競馬ファンにはたまらない季節ですね~


それでは、皆さんにとって素晴らしい1日になることを願っています。
また見に来てくださいね


Category: 競馬予想

Thread: 競馬予想

Janre: ギャンブル

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想 
tb 0 : cm 0   

ヴィクトリアマイル展望 

皆さん、こんばんはm(_ _)m

先週に続き、今週末も東京競馬場1600mで春の女王決定戦 第9回ヴィクトリアマイルが行われます。
昨年の覇者ヴィルシーナ、一昨年の覇者ホエールキャプチャを始め、昨年のクラシック2冠、そしてエリザベス女王杯を制し最優秀3歳牝馬メイショウマンボ、GⅠ級は誰もが認めるデニムアンドルビーなど多彩な顔ぶれが揃い、予想し甲斐ある1戦となりそうですね

今年の登録馬の馬柱を眺めていると、随分ディープインパクト産が多いですね 7頭もいます。

ディープインパクト産の東京での成績を調べてみました。(集計は、ディープインパクト産がデビューした2010以降です。)



芝では馬場状態問わず馬券対象としても高い数値ですね。

では、芝レースのうち今回と同じ1600mではどうでしょうか?


こうしてみると、東京での3連系馬券の軸としても凄く信頼できる種牡馬なんですね。

先週もミッキーアイルが同コースを勝利していますね。
では、ディープインパクト産駒が東京芝1600mで活躍している時期はどうなんでしょう?


全22勝のうち、19勝が3歳までに勝利しているんですね
ちなみに古馬になっての3勝は500万下での1勝、昨年の富士Sダノンシャーク、そして昨年のヴィクトリアMでのヴィルシーナ。いずれも1番人気、2頭は牝馬の勝利でした。

案外な結果でしたが、まだ古馬になってからのサンプルが少ないのは否めませんし、実際には今年あたりからのデータを加味しないと正確ではないでしょうね
それでも、3歳の早い時期までで成績を稼いでいるのも事実なんですよね…


クロフネ産やフジキセキ産が魅力的に感じてしまったなかで、ディープインパクト産が強烈過ぎるので、ちょっと重箱の隅をつついてみたのでした


予想は指数計算予想なので、まさかのディープインパクト産本命なんてことになるかもしれませんけど…
なんにせよ、この面白そうな1戦で指数がどの馬を示すのか楽しみです。


それではまた見に来てくださいね




Category: 競馬雑記

Thread: 今週の重賞レース展望

Janre: ギャンブル

Tag: 競馬    3連単  3連単  3連複  指数  結果  予想  ヴィクトリアマイル 
tb 0 : cm 0